LIFE HACK 家電

【Insta360 ONE X2】使い方・編集方法・アクセサリーをまとめて解説します。【説明書級】

ついに、360度カメラ Insta360 ONE X2を購入しました!

 

購入する前は、「編集がややこしそう、、。」とか「買ってもあんまり使わないかも、、。」みたいな不安がありました。

 

がしかし!実際に使ってみると手触りよし!撮影よし!編集よし!といった具合でかなり満足度が高いです。

 

この記事ではInsta360 ONE X2を使った撮影〜編集に至るまでの方法を具体的に解説します。

 

皆さまにはカメラ入手後のイメージを鮮明にしていただき、購入の判断材料にしてもらえればと思います!

 

ちなみに、Insta360 ONE X2をゲレンデに連れていったところ↓のような素敵な思い出動画を作ることができました!

 

スノボだけでなく、バイクに取り付けて走っても面白い映像が取れますよ!

 

1.購入したもの

Insta360 ONE X2のポテンシャルを引き出すべく、いくつかの付属品を購入しましたので併せて紹介させていただきますね!

 

これから紹介する全ての商品は私も購入しており、実際に問題なく使えています。

 

「何を買えばいいんだろう」と悩んでいる方は同じものを購入していただくとスムーズかと思います。

 

1.1 Insta360 ONE X2

まず、紹介するのが本体。

 

本体を購入すると以下のものが付いてきます。

  1. Insta360 ONE X2
  2. 保護ケース
  3. バッテリー
  4. 充電ケーブル(Type-C)
  5. 保証書
  6. 取扱説明書
  7. ステッカー
  8. レンズ拭き
  9. シリカゲル

以上9点のアイテムが揃ってお値段が¥55,000+税。ディズニーランド8回分。

 

ちなみに、比較対象になりうるであろう360度カメラ GoPro MAXのお値段は¥61,000+税となっています。

 

 

楽天市場で購入するとポイントがたくさん貯まるのでオススメです!

 

1.2 120cm 消える自撮り棒

Insta360 ONE X2最大の特徴である「自撮り棒が撮影した映像から消える!」を体感するために買ってしまいました!

 

棒の作りは至ってシンプルでお値段も¥2,000と良心的

 

使い方は消える自撮り棒にカメラをくっつけて映像を撮るだけ!あとはカメラが自動で映像から棒を消してしまいます。本当にすごいと思う。

 

私は、1.2mの自撮り棒を購入しましたが、公式では3mの「超長い自撮り棒」(正式名称)が売っています。

 

棒の長さが長ければ長いほど、映像の不思議度が高まるのでお金に余裕のある方は超長い自撮り棒を買ってみてもいいかもしれません。

 

↓の写真、実際にInsta360 ONEX2を消える自撮り棒に取り付けて撮影している様子なんですが、

まじですごくないですか!??棒が完全に消えてます!!

 

★1.2m 見えない自撮り棒

 

★超長い自撮り棒

 

1.3 MOTORCYCLE MOUNT BUNDLE

こちらはInsta360が公式で販売しているバイク用マウントアクセサリーセット。

 

何がいくつ入っているかを紹介しましょう。

  1. Extension Rod x1
  2. Heavy Duty Mount x1
  3. Double Ball Mount x1
  4. スクリューレンチ x1
  5. 3M両面テープ x4
  6. カメラマウントアダプター x4
  7. ネジ x4
  8. マウント用バックル x4
  9. Stabilizer ring x4
  10. 曲面マウント用台座 x2

バイクに取り付けて動画を撮るときは②と③を組み合わせて、ハンドルに固定する方法がオススメ!

 

取扱説明書には、①⑤⑥⑦⑧⑩を組み合わせてヘルメットに取り付けるマウント方法が紹介されていました。が、この撮影方法は首がしんどすぎるので長時間の撮影には向かないかも笑

※カメラが重くて首がもげます。

 

 

 

1.4 レンズキャップ

360度カメラの特性上、レンズが飛び出しているためケースに入れて保管したくなります。

 

本体購入時にInsta360用保護ケースが付いてきますが、実際に使ってみるといちいち袋から取り出すのがめんどくさい、、。

 

レンズだけ守れればいいや〜という考え方のもと、着脱が簡単なキャップを導入することにしました。自己満ですね〜〜。

 

 

 

 

1.5 microSD

Insta360 ONE X2で撮影したデータはmicroSDに記録されます。Insta360を購入する人はmicroSDも併せて購入しなければいけません。

 

ここで注意しておきたいのが、Insta360 ONE X2はmicroSDに次のスペックを求めているということです。

 

推奨スペック: UHS-I V30 スピードクラス, exFATフォーマット, 最大ストレージ容量1TB

 

結論から言うと、これらのスペックを満たすmicroSDは↓コチラなのですが、

 

 

 

「UHS-1」や「V30」が何なのかを理解したい人は↓の記事を読んでみてください。

 SD Associationによる解説記事へ

 

※ちなみに256GBのmicroSDでは、「5.7K 30f」の動画を5時間以上記録することができます。

 

2.撮影

撮影はチョー簡単。動画を撮りたい場所にInsta360を連れて行ってボタンを押すだけ!

 

自撮り棒に取り付けてもヨシ。ヘルメットに取り付けてもヨシ。バイクのハンドルに取り付けてもヨシ。

 

撮影にテクニックは微塵も必要ありません!こんな気楽なカメラがあるなんて!!すごい時代だぜえ。

 

3.編集方法

Insta360 ONE X2で撮影した360度の動画データをそのままSNSに投稿することはできません。

 

撮影したデータをInsta360専用アプリで編集する必要があります。

 

本章では、Insta360で撮影したデータをSNSにアップするための方法を解説します!

 

スマホでもパソコンでも編集可能ですが、スマホよりパソコンで編集した方が簡単ですので今回はパソコンでの編集方法を紹介させていただきますね。

 

3.1 パソコンで[.insv]データを編集する

いくつかのステップに分けてパソコンで360度動画データ編集方法を説明します。

 

3.1.1 Insta360編集用アプリケーションをダウンロードする

Insta360公式ページより360度動画用編集ソフトをダウンロードします。

 

↑画像のソフトをダウンロードしていただければ大丈夫です!

※Adobe Premiere Pro/Final Cut Pro用のソフトに思われるかもしれませんが、Insta360 STUDIOは[.insv]データを[.mp4]データに変換するソフトです。AdobeやFCPXのような動画編集ソフトがない場合でもInsta360 STUDIOだけで360度動画を編集可能なのです。

 

3.1.2 Insta360で撮影したデータをパソコンに取り込み、Insta360 STUDIOへ

microSDからパソコンへ動画データを転送し、Insta360 STUDIOでファイルを開きます。

 

3.1.3 Insta360 STUDIOで編集する

↑画像がInsta360 STUDIOで動画を編集する時の画面になります。

 

ではさっそく、どんな風に360度動画を編集するのか見てみましょう。

 

①「Free Capture」モードを選択する

↑画像上部に「View」と「FreeCapture」という選択肢があるので、「FreeCapture」を選びます。

 

②撮影した動画の中で編集したい箇所を選択する

撮影した動画の一部を編集したいときは、↓画像の青丸ボタンで動画の編集したい箇所を絞ります。

 

③360度動画の中で映したいシーンを決める

編集画面に写っている動画をドラッグすることで、360度動画の中から見たい映像を映すことができます。

映像にしたいシーンが決まったら、↓画像の青丸ボタンを押して固定します。

そうすると、動画のタイムラインに↑画像にあるような青星が追加されます。

 

また、Insta360 STUDIOではワンクリックで↓画像のようなオモシロイ編集ができます。見てても、編集してても飽きなさそ〜〜。

 

④動画をエクスポートする

編集が完了すればあとは動画を書き出すだけです!

 

↑画像右上の青丸箇所をクリック。

 

すると、↓画像の画面ができてきます。

Bitrate,Frame Rate,Encoding Format,Export Type,AI Effects,ファイル名,保存場所を選んで「OK」をクリック。

※基本的には、何も変更しないで大丈夫です。

 

すると、編集した動画の「.mp4」データが出力されます。

 

以上が撮影したデータを編集し、書き出す方法になります。

 

4.「マサライド」の動画作成のために必要な機材紹介

最後に私が自身のYoutubeチャンネル「マサライド」に投稿している動画を作るために利用している機材を紹介します。

 

【パソコン】MacBookPRO (16-inch,2019/プロセッサ:2.6GHz 6コアIntel Core i7/メモリ:16GB 2667MHz DDR4)

編集用PCにMacBookを使っています。

 

選んだ理由は単純にシンプルでカッコイイから!このスペックだと、20分程度の動画ならサクサク編集できます。

【編集ソフト】Final Cut ProX

Mac専用の動画編集ソフトになります。

 

編集する上で分からないことがあっても、Youtubeやブログなどに解決策が載っているので心強いです!

【カメラ】GoPro Hero7

一人称視点の動画はGoProを用いて撮影しています。

 

さすが世界的に人気のカメラ!ということで使いやすさ抜群。

 

【マイク】SONY  ECM-PC60

GoProで自分の喋り声をクリアに録音するために外部マイクを利用しています。

 

別途外部マイク接続用のアクセサリーが必要になりますが、クリアな音声のためにはやむなしです、、、。

 

 

【カメラ】Insta360 ONE X2

映像に第三者視点を取り入れるために導入したカメラです。

 

「一人称視点」+「第三者視点」で動画を構成すると、見ていても飽きない映像になります!

【外部ストレージ】WD My Passport Ultra for Mac

動画を編集していると一つのファイル容量が300GBを超えてくるので、外付けHDDに編集ファイルを入れて編集しています😅

 

【ヘッドホン】Beats Studio3

集中したいときはヘッドホンを装着して作業しています。

 

PCのスピーカーからでは聞き取れない音が聞こえる場合があるので、本当は常にヘッドホン着けて作業しないといけないんだなあと思っています😅

 

【PCスタンド】BoYataノートパソコンスタンド

パソコンを机に直置きして作業していると、首・肩・その他諸々が疲弊してきます。少しでも疲労によるストレスを軽減するためにノートパソコンスタンドを導入しました。

 

目線が高くなり、背筋が伸びていい感じです。そんなに高くないのでオススメですよ!!

 

 

 

以上が「マサライド」で使われている機材になります。ご参考になれば幸いです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました〜〜!

 

ぜひ「マサライド」ご覧くださいませ!

 

-LIFE HACK, 家電

Copyright© マサライド | MASARIDE , 2021 All Rights Reserved.